弁護士なのに債務整理した

弁護士なのに債務整理した

僕は新進気鋭の若手弁護士でこれまでエリート街道を歩んできました。
普通であれば年収1000万円くらいはちょろいのですが、
どこで足を踏み外したのか、お金を全く稼げなくなってしまいました。

 

これはどういうわけなのでしょうか?
いろいろな人に訪ねてみても全く分かりません。

 

それはさておき、弁護士というのは本来借金を沢山抱えた人に対して色々なアドバイスをするのが
仕事であります。どういう事かというと、債務整理のお手伝いをするのがその役割になります。
全くもって当然のことですが、人助けをしてお金をもらうのが仕事です。

 

しかし私の力不足のためか、私自身が借金地獄に陥ってしまって
自分で債務整理をすることになりました。

 

債務整理をすると、借金を返済しなければいけないのは当然ですが、
全然お金を返すことが出来なくなります。
これはすごい損失だと思っています。

 

なぜなら弁護士の仕事ができなくなるからです。弁護士バッチを暫くの間返上しなければなりません。
これはすごく辛いことです。私は一晩中号泣して、ヤバイことも考えてしまいました。
こんなことならやらなければよかったのにと思います。

 

人間道から足を踏み外してしまう事もいろいろあるでしょう。
しかし必ず復活できるからあきらめないで返し続けることが大切ですね。